フィッティングマニュアル

Fitting manual マニュアル

Fitting manual マニュアル
ネオジンのフィッティング方法を画像でご案内しております。

フレームを装着します

Fitting manual マニュアル


.モダンを耳にかけます

まずフレーム後部のモダンを耳にかけて下さい。
モダンは最後に調整します。始めは写真のようにあまり曲げていない状態にして下さい

 

.フレームをおろします

サイドバッドを頬骨ラインより少し上にくる位置へおろします

フレームの位置を整えます

Fitting manual マニュアル


.フレームの位置が合っている状態

左の写真のように、ブリッヂの中心が鼻の中央にくるように、左右のサイドパッドを調節して下さい。
 

.フレームの位置が片方に寄っている場合

フレームが片側に寄っている場合は、左右のサイドパッドを横方向に1mmずつスライド調整して下さい。
例)フレームが左側へ寄っている場合、左の写真(※1)のようにしてください。
右側に寄っている場合は、上記の逆パターンにて調整して下さい。


.フレームのななめに傾いている場合

フレームが斜めに寄っている場合は、左の写真(※2)のように左右のサイドパッドを上下方向にスライド調整して下さい。
上記の方法でも斜めになるようでしたら、取扱店にてテンプル傾斜角を調整をしてください。

サイドパッドとモダンを微調整します

Fitting manual マニュアル


.少しハの字にします

左の写真のように、サイドパッドをハの字にすることにより、安定度が増します。ハの字にして、少し広がったかなと感じましたら、サイドパッドをほんのちょっと狭めて下さい。
パッドを動かす時には、必ず根本の部分をおさえて調整してください。(破損する場合がございます )

 

.前後にスライドさせます

テンプル内部にスライド機構があるフレームでは、前後にサイドパッドを微調整できます。
必要に応じて微調整をして下さい。ネジは一回転程緩めるだけてスライドします。
※緩めすぎるとネジを紛失する恐れがあります。前もって受け皿などを下に置くなどして紛失しないで下さい。

 

.モダン部を頭の形状に合わせます

上から見て、モダンは耳の真上の部分でピタリ押さえるように合わせて下さい。
モダンの先端部は、頭に沿うように内側へ少し曲げると安定します。
横から見てモダンは初期状態のようなすこしだけ曲がっている形が、スッとかけやすい形です。

注意点

Fitting manual マニュアル

 

●ネオジン(鼻パッドのないフレーム)は頬骨にてフレームを支えます。装着して最初の数日から数週間は違和感を感じることがありますが、徐々に違和感が無くなっていきます。

●激しい動きをするスポーツなどでは使用を控えて下さい。レンズやフレームが破損して、その破片で負傷する危険があります。

●調節してもよく下がる状態になった時は、サイドパッドに汗やメイクなどが付着していると思われます。日頃からこまめに拭きとって下さい。

●サイドパッドは消耗品です。汗やメイクなどで経年劣化していきます。必要に応じて交換して下さい。部品はめがね購入店にてお求め下さい
おもとめ下さい。